英語の文法というものは

英語の文法というものは

英語の文法というものは

ひたすら暗記することでその場逃れはできるかもしれないが、永遠に英語の文法というものは、分からないままです。暗記よりもきちんと把握して、全体を見ることが可能な英語力を得ることがとても重要なのです。

英語で話す時に、よくわからない単語が入っている時が、頻繁にあります。そういう事態に役に立つのが、話の筋道からおそらく、このような意味かと推定してみることです。

国際コミュニケーション英語能力テスト(TOEIC)は、一定の周期で実施されるので、小まめにチャレンジするのは無理でしたが、日本初の適応型テストであるCASEC(キャセック)は、WEBを利用して何度も受けることができるから、TOEICの試験前などの準備運動としてもオススメできます。

よく言われていますが、英会話を学習するには、アメリカやイングランド、元はイギリス植民地であったオーストラリアなどの生まれた時から英語を話している人や、英語そのものを、しばしば使う人となるべく多く会話することです。

いわゆる英語には、特色ある音同士の連なりがあることをわきまえていますか?このような事柄を認識していないと、いかに英語を聞いたとしても、聞き分けることが難しいのです。


僕の場合は、リーディング学習を大量に敢行してフレーズを増やしてきたから、他の3技能(聞き取り・筆記・発語)は、それぞれ手持ちの教科書を少々やるだけで楽勝だった。

リーディングの勉強と単語の暗記、二つの学習を一緒にやるようないい加減なことはせずに、単語というならシンプルに単語だけまとめて記憶してしまうとよい。

最近よく耳にする「30日間英語脳育成プログラム」は、聞いた会話を口に出して、何度も継続して行います。すると、英語を聴き取るのが目覚ましく上昇していくという事を利用した学習法なのです。

嫌になるくらい言葉に出しての実践的トレーニングを実践します。このような場合、語句の抑揚や拍子に留意して聴いて、従順に同じように言えるよう心掛けなければなりません。

私の場合はP-Study Systemというソフトを入手して、概算で2年ほどの学習をしただけで、GREに通用する水準の基本語彙を手に入れることが可能になりました。


他国の人もお茶をしに集まる事の多い、最近人気の英会話Cafeは、英語を学習中だけれども訓練する場所がない人達と、英語で会話できる場所を探している方が、一緒になって楽しく会話できる場所です。

いわゆる英語学習法には、リピーティングメソッド、最もスパルタ方式であるシャドウイング、聞き取ったものを書き出すディクテーションなどの色々なバリエーションの効果的ラーニング法があるわけですが、駆け出しに欠かせないのは、ひたすら聞き取る訓練を繰り返すというものです。

分かり易く言えば、フレーズそのものが確実に聞き分けられるレベルになれば、言いまわしそのものを一塊で頭に蓄えられるような時がくる。

人気の高いiPhoneのような携帯やいわゆるAndroid等の携帯情報端末の、英語圏の報道番組が見られるアプリケーションソフトを日々用いることで、耳が英語耳になるように努力することが、英語をマスターするための有効な方法だと言っても過言ではありません。

ビジネスの場での初対面の挨拶そのものは、最初の印象に直結する大切な一要素なので、失敗なく英会話で挨拶する際のポイントを何を差し置いても会得しましょう!


関連ページ

英語の表現をストックして
日常英会を楽しく学んで楽しく英会話を学びましょう

ホーム RSS購読 サイトマップ